2016年9月12日
テックビューロ株式会社

テックビューロが経済エンタメ系テレビ番組「ビットガールズ(仮)」にブロックチェーン技術を提供!10月から放送開始

ー ICO(仮想通貨を用いた上場)支援ツール群を提供開始し、番組のコンテンツに活用 ー

報道関係者各位

ブロックチェーン技術(※1)「mijin」とビットコイン(※2)取引所「Zaif」を提供するテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、ブロックチェーン技術を活用した日本初のテレビ番組「ビットガールズ(仮)」に技術提供し、仮想通貨を用いた投票システム等日本初の試みを実現。10月3週目から放送開始します。

bitgirls_logo_600

同番組は芸能プロダクション企業であるという設定で、インターネット上での所属メンバー(出演者)のランキングや視聴者からの投票結果と、番組の内容とが連動するという初の試みを用いた、視聴者参加型の経済エンタメ系テレビ番組となります。

bitgirlsdesc

インターネットでの投票&ランキング

特設サイトBitGirls.ioでは、各メンバーの「トレカブTM」(トレカ+株)という、会社で言う「株式」に見立てた電子トレカ(仮想通貨トークン)をビットコイン取引所Zaifを通して仮想通貨であるビットコイン、XEM、ZAIFトークンとの交換によって売り出します。

その「トレカブ主」には議決権(仮想通貨トークン)が持ち「トレカブ比率」に応じて定期的に配当され、それを投票することによって視聴者自身が様々な意思決定を行います。

2016-09-08_1-28-32

また、トレカブは仮想通貨として流通するため、出演メンバーは毎回の売上だけではなく、そのトレカブの時価をもって時価総額によるランキングにも参加します。

番組の内容

芸能プロダクション企業を模した「ビットガールズ」では、会社全体の価値を上げることを目標として、所属メンバーが様々な課題に挑戦しながら自己PR(セルフプロデュース)を行います。

bitgirls-zaif-vote

番組での活躍がインターネットでの投票に影響する他、その逆として、インターネット上でのランキングや投票結果は番組内でのメンバーの取り扱いや立ち位置に大きく影響します。

使用される技術

仮想通貨の世界では、それを投資家に発行して資金を調達することを「ICO(Initial Coin Offering)」と呼びます。テックビューロが提供する様々なブロックチェーン技術と仮想通貨技術を用いて、ビットガールズでは各メンバーがトレカブというトークンを発行し、そのICOを模したコンテンツを製作いたします。

同番組ではビットコインから生まれたブロックチェーンの技術の活用により、透明性の高い、改ざんのできない投票システムと時価総額のランキング、そして偽造ができない限定数のトレカブ販売を実現します。

テックビューロ代表の朝山貴生は、「日本では、Mt.Goxの破綻というニュースからビットコインの話題が始まりました。そこからこれだけの時間が過ぎても、まだまだ人々にとってビットコインやブロックチェーン技術を使う機会は限られます。我々はエンターテイメントという道具を使って、明るい話題のもとにビットコインとブロックチェーン技術を使う理由を自ら作り出したいと考えております。」とコメントしております。

使用されるサービス

本プロジェクトにおいては、テックビューロが既に提供する2つのサービスと、本日発表する3つのサービスを活用して製作されます。

  1. Zaica(提供中)
    仮想通貨&トークン発行サービスです。各メンバーのトレカブ発行に用います。
  2. Zaif Vote(提供中)
    透明性の高いリアルタイムのトークン投票システムです。
    Zaicaで発行した投票券トークンで視聴者の投票結果を視覚化します。
  3. Zaif Crowdsale(本日発表)
    ICO(仮想通貨による上場)支援ツールです。
    ビットコイン取引所Zaifを使って、トレカブの売り出し状況をリアルタイムに視覚化します。
  4. Zaif Richlist(本日発表)
    トークン長者番付です。トレカブ主の長者番付を掲示します。
  5. Zaif Marketcap(本日発表)
    トークンの時価総額記録ツールです。
    各メンバーのトレカブの時価総額推移を視覚化します。

出演者

出演するメンバーは現在のところ以下の3人が決定しております。

かおり  結城 ちか 佐野 真彩

bitgirls3その他のメンバーとMC(メンバーを率いるマネージャーという設定)については近日追って発表予定です。

放映予定日

特番前編:2016年10月21日金曜日深夜26時 TOKYO MX
特番後編:2016年10月28日金曜日深夜26時 TOKYO MX
その後はレギュラー番組として製作と放映の準備中です。インターネット上では、英語・中国語の字幕付きで随時放映予定です。

第1回投票について

通常、投票はトレカブ主に配当された議決権トークンにて実施されますが、第1回のみは、より多くの皆様にご体験頂くためにビットコインによる投票を設置いたしました。
http://i.nf/1428703
今回の投票における勝者には、特番放送にて30秒間のPRタイムが与えられます。

ビットガールズの詳細について

ビットガールズのトレカブ発売日やICO日程の詳細、番組の詳細については以下の特設サイトをご覧下さい:
ビットガールズ番組サイト: http://bitgirls.tv/
ビットガールズ・クラウドセール(ICO)サイト: http://bitgirls.io/


■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/ )

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ビットコインを含む暗合通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

■「Zaif」について( Webサイト http://zaif.jp/ )

「Zaif」は、テックビューロ株式会社が取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いからそう名付けました。取引所の他、定期積み立てサービスや決済サービスも提供しております。

用語解説

※1: ビットコインによって発明された、P2P方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能なセキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。

※2: ビットコインとは、中央管理者を有せず、P2P接続されたノード(コンピュータ)だけで構成されたネットワーク上で稼働する電子マネー決済システムです。アドレス発行や、送金の承認などのあらゆるところで公開鍵暗号などの暗号技術が使用されており、電子通貨のように使用できるため、「暗号通貨」と呼ばれています。

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

テックビューロ株式会社 担当:西田 TEL:06(6533)2230 / E-mail: pr@techbureau.jp
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

今日から誰でも簡単に始められる、取引手数料マイナス0.01%のビットコイン/モナコイン取引所『Zaif Exchange』はこちら

Tags:
Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。