2016年8月25日
テックビューロ株式会社

テックビューロがブロックチェーン技術を用いた仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を提供開始

ー 電子トレカや投票券、チケットにも応用可能で、取引所での取り扱いまでを一括でサポート ー

報道関係者各位

ブロックチェーン技術(※1)「mijin」とビットコイン(※2)取引所「Zaif」を提供するテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を提供開始いたします。

14074461_10210738501166944_755736746_o

Zaicaによって、企業はいわゆる仮想通貨のほか、電子トレカ、ポイント、投票券、チケットなどをトークンとしてブロックチェーン上で発行し、それと同時にビットコイン取引所Zaifにおける取り扱いが可能となります。

背景

2016年以降、ようやくビットコインを始めとするブロックチェーン技術の有用性が認められ、大手金融機関が仮想通貨の本格採用を発表するなど、メディアでもそれらキーワードを頻繁に見かけるようになりました。テックビューロでは、多大な予算をかけることもなく、企業が短期間で簡単にブロックチェーンを使った仮想通貨やトークンを発行できるサービスを提供開始いたします。

「Zaica」とは?

Zaica(ザイカ)は、仮想通貨やトークンと言ったようなブロックチェーン上でのトークンアセット発行を支援するテックビューロのブロックチェーン関連サービスです。それらトークンは、簡単に配布、送信、流通させることができ、ビットコイン取引所Zaifにおいても売買の対象として取り扱いが可能です。

「Zaica」の特徴

Zaicaで発行を支援するトークンは、ブロックチェーンの特性を活用した、ビットコインと同様の以下のような特徴を兼ね備えます。

  • 発行数を限定できる
  • 改ざんを防止できる
  • 資産の無断移動を防止できる
  • なりすましを防止できる
  • 透明性を確保できる

また、単に一般的な「コイン」などの「仮想通貨」としてだけではなく、以下のような希少性をもったデジタル資産を発行することができます。

  • 限定発売の電子トレーディングカード
  • 一人1回しか使用できない投票券
  • 転売不可能な電子チケット
  • ゲーム内通貨やアイテム

「Zaica」の例

テックビューロが運営するビットコイン取引所Zaifでは、Counterpartyを使って「ZAIF」というトークンを発行し、取引所ユーザーに取引量に応じて配布しています。また、ZAIFトークンは取引所Zaifにて一つの仮想通貨として取引されています。ZAIFトークンは、今後取引所内の様々なサービスで利用できるようにする予定です。

「Zaica」における提携企業

Zaicaのサービス開始と共に、テックビューロは以下の企業との提携によって、順次トークンの発行とZaifでの取り扱い、そしてサービス実装のサポートを開始いたします。

トークンアセットを発行する企業

  • 株式会社フィスコ: フィスココインを発行し、同社株主に対して配布する予定です。
  • 株式会社オウケイウェイヴ: Q&Aサイトや知識流通インフラにてユーザーに還元できるトークンを発行する予定です。
  • 株式会社Eストアー: 運営するEコマースサイトにて、トークンによるユーザー還元機能を提供する予定です。

Zaicaインテグレーション・パートナー

  • インフォテリア株式会社: ASTERIA WARPのZaica用アダプターを開発し、企業の仮想通貨やトークン導入を支援する予定です。
  • アララ株式会社:仮想通貨やトークン発行を予定している企業に向けて、自社での実証実験や開発の経験を踏まえ、そのノウハウを活かした導入支援を行います。 
  • 株式会社SJI: 仮想通貨やトークンの発行を考えている企業の要望を具現化するためのシステム開発、構築を担う予定です。
  • カレンシーポート株式会社: 価値移転プラットフォーム「Deals4」を通じて、Zaicaで発行したトークンをウェブアプリ、モバイルアプリ、組込みIoTデバイス等から容易に取扱い可能とするAPIおよびSDKを開発提供します。

リアルタイム投票「Zaif Vote」について

Zaicaで発行した仮想通貨やトークンは、先日テックビューロが提供開始したトークン投票システムZaif Voteにて、リアルタイム集計が可能な投票権としても使用する事ができます。

2016-08-24_22-31-43

たとえば、一人につき1トークンのみを投票券として発行し、受領者からのみ送信を受け付ければ、透明性の高い、なりすましが不可能な一人一票までのリアルタイム投票が実現できます。

テックビューロ代表の朝山貴生は、「2016年はトークンエコノミー元年となり、『複製できないデジタル資産』の時代が始まりました。そして2017年はビットコインやNEMと言ったブロックチェーンの上に、それよりも更に時価総額が大きなトークンアセットが流動することでしょう。テックビューロはパートナー企業と共に、そのトークンエコノミーを牽引して参りたいと考えております。」とコメントしております。

使用される技術について

Zaicaでは、ビットコインのブロックチェーンを使用するCounterpartyトークンと、NEMのブロックチェーンを使用するMOSAICアセットに対応する他、テックビューロ製品である「mijin」でプライベート型のブロックチェーンを使った仮想通貨やトークンを発行することもできます。

今後の展開について

現在は、Zaicaで使用するブロックチェーンにおいて、トークンや仮想通貨の送信時に一定のビットコインもしくはXEMによる送金コストが伴います。Zaicaでは2016年から17年にかけて普及するマイクロペイメント・チャンネルを導入することによって、IoTなどで必須となる1億分の1トークンと言ったような少額のリアルタイム決済機能にも順次対応していく予定です。

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ビットコインを含む暗合通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

■「Zaif」について( Webサイト http://zaif.jp/

「Zaif」は、テックビューロ株式会社が取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いからそう名付けました。取引所の他、定期積み立てサービスや決済サービスも提供しております。

■「Mijin」について( Webサイト http://mijin.io/

「Mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築できるプラットフォームです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能なセキュリティ環境が構築できる他、実質ゼロダウンタイムを実現します。金融機関から電子マネー、ポイント、オンラインゲーム、ロジスティクスまで、幅広くご利用頂けます。2013年からの開発経験を持つプロジェクト「nem」のコア開発者がテックビューロに合流して開発した、汎用性の高いブロックチェーンプラットフォームです。

用語解説

※1: ビットコインによって発明された、P2P方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能なセキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。

※2: ビットコインとは、中央管理者を有せず、P2P接続されたノード(コンピュータ)だけで構成されたネットワーク上で稼働する電子マネー決済システムです。アドレス発行や、送金の承認などのあらゆるところで公開鍵暗号などの暗号技術が使用されており、電子通貨のように使用できるため、「暗号通貨」と呼ばれています。

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

テックビューロ株式会社
担当:西田
TEL:06(6533)2230 / E-mail: pr@techbureau.jp

本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

今日から誰でも簡単に始められる、取引手数料マイナス0.01%のビットコイン/モナコイン取引所『Zaif Exchange』はこちら

Tags:
Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。