2016年6月21日
テックビューロ株式会社

テックビューロがSatoshiLabsと提携し、ハードウェア型ビットコインウォレット「TREZOR」を日本の正規代理店として発売開始

-デバイス一つでウォレット、取引所の二段階認証、パスワード管理サービスなどを提供-

報道関係者各位

ブロックチェーン技術(※1)「mijin」とビットコイン(※2)取引所「Zaif」を提供するテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、SatoshiLabs s.r.o.(本社:チェコ共和国プラハ、CEO Alena Vranova、以下「SatoshiLabs」)と本日付で事業提携し、同社のハードウェア型ビットコインウォレット「TREZOR」を正規代理店として日本で発売開始いたします。

trezor-pin

TREZORとは?

TREZORは非常に小さなデバイスであり、近年では世界でも100カ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットです。電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることもありません。

PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと暗証番号とが揃わない限り送金することが不可能であるため、TREZORを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。

2016年の春以降、日本でもビットコインの知名度が上がり、昨今の価格高騰も伴い個人が高額のビットコインを保有することも珍しくなくなりました。今までは、ビットコインの管理は一般的なユーザーには複雑でしたが、TREZORを使うとたった2つのボタンを使うだけで、PCから簡単にビットコインを保管・使用できるようになります。

柔軟な利用環境

TREZORはWindows、OS X(Mac OS)、LinuxといったあらゆるOSで、ブラウザから使用する事ができます。電源も必要なく、USBケーブルでPCに接続してMyTrezor.comを開くだけで、安全にビットコインウォレットを利用できます。

安全で便利なビットコインウォレット

TREZORには最新の暗号技術が使われており、そのソフトウェアは全てオープンソースとして公開されているため、第三者によってその中身を監査することが可能です。透明性を確保することにより、バックドアのない安全性を保証しています。また、通常のビットコインアドレスと同様、シードの文字列を紙に印刷するだけでバックアップが可能であり、その文字列からいつでも別のデバイスにレストアすることが可能です。

今回の提携について

今回の提携により、テックビューロはSatoshiLabs製品の日本における正規販売権を取得し、その正規品を2016年6月27日より発売する予定です。両社は共同でTREZORを始めとする関連商品とサービスのブランディングや販売、プロモーションを展開し、日本国内でもハードウェアウォレットの標準を目指します。

また、テックビューロでは日本語化されたマニュアルを提供するほか、国内における保証期間内の交換サービス、MyTrezor.comウォレットの日本語化などを順次提供いたします。

今回の提携について、テックビューロ代表の朝山貴生は、「正規代理店として、日本でTREZORの普及に貢献できることは我々にとっても光栄です。TREZORは今や世界100カ国以上で使われているハードウェアウォレットです。いずれ日本でも、標準的なデバイスとしてビットコインユーザーに愛されることになると信じております。ビットコインの価格が急騰する中、TREZOR一つで安心して眠れるようになるでしょう。」と述べています。

また、SatoshiLabs CEOのAlena Vranovaは、「SatoshiLabsも、今回のテックビューロとの提携に際して大変興奮しております。特に最近では日本におけるTREZORの認知が急上昇しており、本提携によって、日本のビットコイナーに対してより高品質なサポートとより迅速な商品の配送を提供できます。朝山氏とテックビューロのサポートにより、Amazon Japanや楽天市場と言ったようなメジャーなマーケットでTREZORが簡単に手に入るようになります。」とコメントしています。

TREZORパスワードマネージャー

TREZORはそれ単体がビットコインウォレットとして機能するだけではありません。無償で提供されるTREZOR Password Managerを使用するとパスワード管理デバイスとしても使用できます。

マスターパスワードを設定することなく、SNSやオンラインバンキングなどあらゆるサービスのパスワードを暗号化して保存し、ビットコインと同様に簡単にそして安全に管理することができます。

pwmanager

Zaifとの連携

TREZORはまた、様々なサービスの二段階認証デバイスとしても使用できます。テックビューロでは、近日ビットコイン取引所ZaifにTREZORによる二段階認証機能やパスワードレスログイン機能を順次提供し、更なる安全な利用環境を整備する予定です。

価格と販売体系

価格はブラック、グレー、ホワイトそれぞれ1台14,800円(税・送料込み)を予定しており、3色セットは40,000円(税・送料込み、後日発売)を予定しております。なお、発売当初はAmazon Primeのみによる販売となります。

trezors

TREZOR発売キャンペーン

この度、TREZOR正規品の発売キャンペーンとしまして、限定150台に限り、通常定価からの1,000円引きとなる13,800円(税込み)で販売いたします。その際、テックビューロ提携先であるamaten.comにビットコインでチャージし、割引価格でAmazonギフト券を入手してから購入すると、更に最大約960円引きとなる、定価から最大約13%引きでの価格で購入が可能となります。

なお、Amazon Primeでの発売は6月24日金曜日を予定しており、楽天市場では準備が整い次第の発売となります。

TREZORの詳細について

TREZORの詳細や購入方法については、以下の特設サイトにて順次公開いたします。
https://zaif.jp/trezor

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ビットコインを含む暗合通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

■「Zaif」について( Webサイト http://zaif.jp/

「Zaif」は、テックビューロ株式会社が取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いから名付けました。日本最大級のビットコイン取引所「Zaif Exchange」では現在1日最大7億円の取引を誇ります。

■「SatoshiLabs」について( Webサイト http://satoshilabs.com/ )

SatoshiLabsは、チェコ共和国にてTREZORを製造販売する先進的な企業です。初期よりビットコイン業界において中核となるサービスを提供しており、TREZORだけではなく、「Coinmap」や、世界で最初となったビットコインのマイニングプール「Slush Pool」も運営しています。

用語解説
※1: ビットコインによって発明された、P2P方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能なセキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。

※2: ビットコインとは、中央管理者を有せず、P2P接続されたノード(コンピュータ)だけで構成されたネットワーク上で稼働する電子マネー決済システムです。アドレス発行や、送金の承認などのあらゆるところで公開鍵暗号などの暗号技術が使用されており、電子通貨のように使用できるため、「暗号通貨」と呼ばれています。
【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

テックビューロ株式会社
担当:芳村
TEL:06(6533)2230 / E-mail: pr@techbureau.jp

本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

今日から誰でも簡単に始められる、取引手数料マイナス0.01%のビットコイン/モナコイン取引所『Zaif Exchange』はこちら

Tags:
Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。