日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

他の暗号資産交換業者でも取り扱いが開始されるなどXYMに関する動きが活発化しておりますが、それに伴い詐欺被害なども増えております。

昨今は特に「アグリゲートボンデッド・トランザクションを用いたXYM送金詐欺」が増えておりますので、ご注意ください。

※アグリゲートボンデッド・トランザクション(AggregateBondedTransaction):
関係する複数の参加者の署名を以て、送金を完了する形式のトランザクション

■詐欺被害の可能性がある方
Zaif Exchange外のウォレットでXYMを個人運用されている方
※Zaif Exchange内のみでXYMの取引を完結させているお客様は当詐欺の対象とはなり得ません。

■詐欺の手口
XYMのハーベスト設定を行っている際などに、外部アドレスへ送金するようなアグリゲートボンデッド・トランザクションが送付されます。
当該トランザクションに署名すると、保有しているXYMが詐欺犯に送られてしまいます。

■対応策
署名さえしなければ詐欺犯に資産を騙し取られてしまうことはありません。

・覚えの無いトランザクションには署名しない
・何らかの設定中に送られたトランザクションであっても、本当にそのトランザクションへの署名が必要かをよく調べ、確認する

今回はアグリゲートボンデッド・トランザクションを用いたXYM送金詐欺について注意喚起いたしました。
他にも「何らかの支払いのため、このアドレスに暗号資産を送ってほしい」「このアドレスに暗号資産を送れば後日配当を付けてお返しする」等、様々な手口の詐欺があります。

ブロックチェーンの性質上、一度完了した送金を取り消すことはできません。
特に保有資産の送金を要求された際は、その要求が本当に正当なものなのか、詐欺などでは無いか十分ご注意ください。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

以上

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。