日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

自動で裁定取引(アービトラージ)を行い利益を得られるなどとしてお客様のAPIキーを聞き出し、不正利用される被害についてご相談が寄せられております。

APIキーはログイン情報同様、お客様の資産にアクセス可能となる情報です。第三者から開示を求められても拒否していただくことは勿論ですが、何らかのサービスにてAPIキーの入力を求められた場合は、信頼できるサービスかご確認いただきますようお願い申し上げます。

なお、既に第三者に開示した覚えがあるなど、お心当たりのあるお客様におかれましては、以下の通りAPIキーの削除と出金先アドレスの制限をお願いします。

■APIキーの削除
開発者向けAPI( https://zaif.jp/api_keys )にアクセスし、削除ボタンを押してください。
※ログイン後にアクセスください。



 

■出金先アドレスの制限
アカウントページ>入出金と履歴>各暗号資産の出金ページ より、暗号資産の出金先アドレスの制限を行えます。ご自身で管理されているウォレット、他取引所などに定期的に送金されている場合は、出金先アドレスを登録し、限定しておくことにより、不正送金の被害から守ることができるようになります。


今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。