2016年1月7日より、出金先の管理機能がご利用頂けるようになりました。

概要

日本円の出金先銀行口座について、複数を登録管理し、出金申請時に選択できるようになっています。
暗号通貨(BitcoinおよびMonacoin)については、いままでどおり出金時にアドレスを指定することができますが、「出金先アドレスの制限」を行うことにより、出金先として登録されたアドレスにしか送金できないようにすることができます。

目次


JPY出金口座の管理と出金申請
暗号通貨の出金先管理

JPY出金口座の管理と出金申請


メニュー「アカウント>JPY出金口座」にて、複数の銀行口座の管理を行うことができます。
bank_account
銀行口座は1アカウントにつき最大10件まで登録していただくことが可能です。

出金申請時には、登録された口座をリストボックスから選択することができるようになっています。
bank_withdraw_1

出金処理中の表示および履歴には、銀行名支店名まで表示され、どの口座へ出金申請したかわかるように表示されます。
bank_withdraw_2
出金履歴のCSVダウンロードを行なって頂くと、銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義の全てを確認することが可能です。

暗号通貨の出金先管理


暗号通貨の出金先アドレスを管理し、登録された出金先アドレスにのみ出金できるように制限するには、「アカウント>BTC入出金>BTC出金」にアクセスし、「出金先アドレスの管理へ」リンクをクリックします(MONAも同様です)。
withdraw_btc_1

出金先アドレスを「制限する」に設定することにより、出金先アドレスをラベル(名前)とアドレスの組み合わせで登録管理することが出来るようになります。
withdraw_btc_2

出金先アドレスを制限する設定にしている場合、出金手続きではアドレスをリストから選択して指定する必要があります。
withdraw_btc_3
出金先アドレスを制限する設定した場合、APIからの出金につきましても、登録されたアドレスにのみ可能となり、他のアドレスを指定した場合はエラーとなります。また、APIからの出金先の指定は今までどおりアドレスで行います(ラベルを指定して出金することはできません)。

2段階認証をご利用の方で、「BTC/MONA出金時にトークンの入力を求める」をONにしておられた方は、それぞれ「出金先アドレスの登録・変更・削除時に入力を求める」がONになっています。
account_2fa

2段階認証と出金先管理の組み合わせで、いままでよりいっそう安全に、Zaifアカウント上の暗号通貨を管理することが可能になりました。
是非ご活用くださいますようよろしくおねがいします。

今日から誰でも簡単に始められる、取引手数料マイナス0.01%のビットコイン/モナコイン取引所『Zaif Exchange』はこちら

Tags:
Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。