法人口座登録につきましては以下の書類が必要です。

 
登記簿謄本(発行日時がわかるもので三か月以内)
 

担当者について

  • 担当者と代表者が同じ場合: 代表者個人の本人確認書類が必要です。
  • 担当者と代表者が異なる場合:担当者個人の本人確認書類が必要です。

個人の本人確認書類例

<以下のいずれかの書類1点>
● 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
● 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
● マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはご利用いただけません)
● 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)
もしくは
<顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下のいずれかの組み合わせで2点>
● 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など) + 公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)
● 官公庁発行の公的証明書を2点
※公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの
※有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効
 
担当者と代表者が異なる場合は、以下の書類が必要です。
代表者から担当者への委任状
 

委任状につきましては、下記ボタンよりPDFをダウンロードしていただきプリントアウトして、注意事項をよくお読みの上でご記入ください。
ご記入いただいた書類をカラーでスキャンもしくは撮影したデータを本人確認書類からアップロードをしてください。

 

委任状の記述例

委任状の記述例
  • 代表者と取引担当者の欄に、それぞれご本人様が記入をしてください。

 委任状のダウンロード


 注意事項
  • 証明書は有効期限内の証明書をアップロードしてください。
  • 本人確認書類で有効期限のないもの(住民票、公共料金・電話料金の領収証、登記簿など)については、発行から3ヶ月以内の書類をアップロードしてください。
  • いわゆる仮免・国際免許などは身分証明書として受け付けできません。
  • 穴のあいた運転免許証は受付できませんのでご注意ください。
  • 画像はデジタルカメラもしくは、スマートフォンなどで現物を撮影した鮮明なカラーのものをアップロードしてください。
    白黒の画像、読み取り辛い画像、コピーした用紙の画像、加工されたと判断できる画像は認められません。
  • アップロードいただいた書類に不足がない場合でも、弊社の判断により、セルフィ(顔付きの本人証明書類とご本人様の自撮り写真)などの別の画像による再申請をお願いする場合がございます。
    ※セキュリティの都合上、判断基準については回答致しかねますので、ご了承願います。