株式会社Zaif及び当社が所属するグループ(以下「当社グループ」という)は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネロン・テロ資金供与」という)の防止が金融機関として果たすべき重要な責務であり、かつ経営戦略上の重要な課題であることを認識し、以下のとおり組織的なマネー・ローンダリング等対策の実践に取り組みます。

 

1.マネロン・テロ資金供与防止態勢の整備

当社グループは、提供する商品・サービスがマネロン・テロ資金供与に利用されることを防止するため、態勢の整備と維持に努めます。

2.経営の関与

当社グループの経営陣は、マネロン・テロ資金供与対策を経営戦略面における重要な課題と位置づけ、この問題に主体的かつ積極的に取り組みます。

3.マネロン・テロ資金供与に係るリスクの特定、評価、低減

当社グループは、リスクベース・アプローチに基づき、提供する商品・サービスや、取引形態、取引に係る国・地域、顧客の属性等のリスクを特定・評価し、リスクに見合った低減措置を講じます。

4.適切な顧客管理

当社グループは、関係法令等に基づいた本人確認等の手続きを実施し、顧客受入可否の判定や適切な顧客管理を行うことで、制裁対象者や反社会的勢力を含む不適切な顧客との取引関係の排除に努めます。

5.疑わしい取引のモニタリングと届出

当社グループは、疑わしい取引を検知するために適切な取引モニタリングを実施します。また、疑わしい取引を検知したときは、関係監督機関への届出を行います。

6.役職員の研修

当社グループは、マネロン・テロ資金供与対策の実効性確保のため、役職員が専門性・適合性を維持・向上させていくために必要な研修を継続的に実施します。

7.グループ会社の管理

当社グループは、グループ全体におけるマネロン・テロ資金供与防止対策の実効性維持のために、グループ内で情報共有態勢を整備し、グループ全体で一貫したマネー・ローンダリング等の防止に取り組みます。

8.継続的な有効性の検証

当社グループは、マネロン・テロ資金供与の防止措置の有効性や適切性に対する検証を継続的に実施し、検証結果を踏まえ、適切な改善措置を講じます。

【令和3年9月24日制定】
株式会社Zaif
代表取締役 八木 隆二