海外取引所ProBitへのFSCC上場について


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

2021年1月29日(金)、海外の暗号資産取引所ProBitにて、Zaif Exchangeで取り扱っている暗号資産FSCC(フィスココイン)が上場予定であることを、発行元の株式会社フィスコよりリリースがございましたことをお知らせいたします。

フィスココイン(FSCC)がProBitに上場
https://www.fisco.co.jp/uploads/20210119_fisco_pr.pdf

ProBit Exchange Lists FISCO Coin (FSCC)
https://support.probit.com/hc/en-us/articles/900005146623-ProBit-Exchange-Lists-FISCO-Coin-FSCC-

※ ProBit( https://www.probit.com/ )は、韓国に本社を置く暗号資産取引所です。
※ ProBitは日本の資金決済法が定める暗号資産交換業者ではありませんので、日本居住者に対する暗号資産交換サービスは提供されません。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

緊急事態宣言に伴う暗号資産出金の対応について


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令に伴い、現在、当社におきましても、可能な限り在宅勤務を実施しております。

つきましては、緊急事態宣言が解除されるまで、暗号資産の出金に通常よりお時間を頂く可能性がございます。

尚、2020年4月にお知らせの通り、当社にて取り扱う主要通貨は原則コールドウォレットにて管理しております。余裕をもって出金申請いただきますようお願いします。

お預かり資産のコールドウォレット化について
https://corp.zaif.jp/info/11680/

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーー

Zaif Exchangeでは、出来るだけ多くのお客様により速く情報をお伝えできるよう、メールマガジンやblogのほか、twitterでもお知らせを配信しております。

メンテナンス情報などのお知らせのほか、twitterならではの発信も積極的に行っておりますので、もしご存知でなければぜひ一度ご覧いただき、フォローくださいますと幸いです。

Zaif Exchange(@zaifdotjp)
https://twitter.com/zaifdotjp

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

NEM(XEM)スナップショット取得実施に伴うメンテナンスの延期


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

日本時間の2021年1月9日(土)7時に終了しましたPOI(コミュニティ)投票の結果、「スナップショット日時を変更」とする案が可決されたことがNEM Groupから発表されました(同年1月9日11時時点で、変更スケジュールは未定)。

詳細はこちらをご覧ください。
https://twitter.com/NEMofficial/status/1347666555618910212?s=20

https://explorer.nemtool.com/#/poll?id=5fee0e206a966b753880834e

この発表を受けまして、8日にお伝えしました「NEM(XEM)スナップショット取得実施に伴うメンテナンス及び一部サービス停止について」は中止させて頂きます。
現時点でNEM(XEM)スナップショット取得に関するスケジュールは未定となります。
NEM Groupからスケジュールが公表され次第改めて周知致します

■メンテナンス期間と停止するサービス
– NEM(XEM)・CMS:XEMの入出金
– NEM(XEM)・CMS:XEMのOrderbook tradingおよび NEM(XEM)の販売所取引(簡単売買)
ともに未定(NEM Groupからスケジュールが公表され次第、改めて周知致します)

※8日に発表した内容はこちらです。
https://corp.zaif.jp/info/12414/

Symbolのローンチ、およびスナップショットに関する詳細につきましては、
下記のNEM Group公式サイトをご確認ください。
https://forum.nem.io/t/symbol-launch-issues-update-30-12-2020/26674

https://symbolplatform.com/

ご不明な点は下記までお問い合わせをお願い致します。
https://support.zaif.jp/hc/ja

※予定は変更となる場合があります。
※Symbolの当社での取扱開始にあたっては、法令や自主規制団体の規則に従って所定の手続きがございます。
ーーーーー

Zaif Exchangeでは、出来るだけ多くのお客様により速く情報をお伝えできるよう、メールマガジンやblogのほか、twitterでもお知らせを配信しております。

メンテナンス情報などのお知らせのほか、twitterならではの発信も積極的に行っておりますので、もしご存知でなければぜひ一度ご覧いただき、フォローくださいますと幸いです。

Zaif Exchange(@zaifdotjp)
https://twitter.com/zaifdotjp

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

NEM(XEM)スナップショット取得実施に伴うメンテナンス及び一部サービス停止について


1月8日追記:
一部、利用者の方に誤解を生じさせる表現がございましたので追記いたします。

当初予定していたスナップショットのスケジュール(2021年1月14日)を決定するコミュニティ(POI)投票(同年1月9日)の結果、スナップショットが1月14日から延期されることになった場合、1月14日にZaifではスナップショットは行わず、あらためて決まったスケジュールをスナップショットの基準日とする予定です。

その際、今回の一部サービス停止スケジュールについても変更になる可能性がございます。

日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

日本時間の2021年1月14日(木)20:00前後、NEM(XEM)スナップショット(実施するブロック高302万5200ブロック)の取得を実施いたします。2021年1月13日(水)15時時点でZaif Exchange口座に保有されているNEM(XEM)が対象となり、スナップショット取得におけるお客様による特別なお手続きは必要ございません。

尚、NEM GroupよりSymbolのローンチが2021年2月に延期となることが発表されており、公式にはスナップショットの日時は現時点(1月8日18時時点)で未定となっておりますが、当社では当初のスケジュールに従いスナップショットの取得を実施するに至りました。

それに伴い、以下の通り、システムメンテナンス及び一部サービスを停止いたします。

■メンテナンス期間と停止するサービス
2021年1月13日(水)15時頃~2021年1月15日(金)17時頃
– NEM(XEM)・CMS:XEMの入出金

2021年1月13日(水)17時頃~2021年1月15日(金)15時頃
– NEM(XEM)・CMS:XEMのOrderbook tradingおよび NEM(XEM)の販売所取引(簡単売買)

※ネットワークの稼働状況等、事情により延長、早期終了する場合もございます。
※メンテナンス開始より終了までの間は、未約定のNEM(XEM)のご注文の訂正・取り消しはできません。
※スナップショット前後は相場が急変動する可能性があります。不安な方は、メンテナンス開始時までにご注文の訂正・取消いただくようお願い致します。

Symbolのローンチ、およびスナップショットに関する詳細につきましては、
下記のNEM Group公式サイトをご確認ください。
https://forum.nem.io/t/symbol-launch-issues-update-30-12-2020/26674

https://symbolplatform.com/

■よくあるご質問

Q、Zaif口座の残高に反映されているNEM(XEM)について、Zaifサイトやアプリからスナップショット取得に関する申請手続きは必要でしょうか?
A、Zaif口座の残高に反映されているNEM(XEM)についてですが、スナップショット取得に関する申請手続きは一切不要でございます。

Q、他の取引所やウォレットからZaifの口座へNEM(XEM)を移す場合、いつまでにNEM(XEM)の預入れを行えば、スナップショットの対象になりますでしょうか?
A、2021年1月13日(水)15:00までに、当社のNEM(XEM)アドレスに入金が完了したNEM(XEM)は、すべてスナップショットの対象となります。
※正常に処理できない可能性がございますので、停止日時直前の入出金は控えていただきますようお願いします。

Q、「入金が完了」とは、どのような状態をいいますでしょうか?
A、他取引所やウォレットから当社の口座へ送付したNEM(XEM)の数量が、お客さまのZaif口座の残高に反映されている状態を指します。

Q、他取引所やウォレットからZaif口座に移す場合、何か気を付けることはありますでしょうか?
A、NEM(XEM)をご送金される際、お客様固有の入金用メッセージがございますので、こちらを忘れずにご入力ください。

ご不明な点は下記までお問い合わせをお願い致します。
https://support.zaif.jp/hc/ja

※予定は変更となる場合があります。
※Symbolの当社での取扱開始にあたっては、法令や自主規制団体の規則に従って所定の手続きがございます。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

ビットコイン(BTC)価格が400万円台を付けました!


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

2021年1月8日(金)0時47分頃(日本時間)、Zaif ExchangeのBTC/JPY価格が4,000,000円をつけました!300万円に乗せたのは、2021年1月1日ですので、一週間で100万円上昇したこととなります!

現在価格は以下でご確認いただけます。

BTC/JPY
https://zaif.jp/trade_btc_jpy

現在、新規申込のお客様が増えているほか、既存のお客様からのお問合せ増加に伴い、お客様へのご対応にお時間を少々頂戴しております。久々にご利用されるお客様もスムーズにご利用していただけるように、以下の記事をぜひともお読み下さい!

暗号資産の高騰を受け、久しぶりにZaif Exchangeをご利用されるお客様へ
https://corp.zaif.jp/info/12263/

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

ビットコイン(BTC)価格が300万円台を付けました!


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

2021年1月1日(金)21時38分頃(日本時間)、Zaif ExchangeのBTC/JPY価格が3,000,000円をつけました!200万円に乗せたのは、2020年11月30日ですので、約一か月で100万円上昇したこととなります!

現在価格は以下でご確認いただけます。

BTC/JPY
https://zaif.jp/trade_btc_jpy

現在、新規申込のお客様が増えているほか、既存のお客様からのお問合せ増加に伴い、お客様へのご対応にお時間を少々頂戴しております。久々にご利用されるお客様もスムーズにご利用していただけるように、以下の記事をぜひともお読み下さい!

暗号資産の高騰を受け、久しぶりにZaif Exchangeをご利用されるお客様
https://corp.zaif.jp/info/12263/

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

Symbolについて その①


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

暗号資産「XEM(プロジェクト名はNEM)」は、2021年2月に大型アップデートを実施する予定(12月31日時点)で、新しいブロックチェーン「Symbol(XYM)」が誕生する見込みです。

新しいブロックチェーンである「Symbol(XYM)」に関するお問い合わせが大変多い状況ですので、Zaif Exchangeとしましては、まず新しいブロックチェーンである「Symbol(XYM)」とは何か?を数回に分けてご説明できればと思います。

まず、Symbolのご説明からとなります。NEMグループが開発を行っているNEMブロックチェーンの大型アップデートによりローンチされるブロックチェーンのことです。以前は「Catapault(カタパルト)」と呼ばれていたことをお話した方が早いかもしれません。

NEMが開発者のサンドボックス(外部対して影響を与えずに実証実験を行える環境のこと)として開発されたのに対して、Symbolは企業や公的機関などのニーズに特化したブロックチェーンとして開発が行われています。単純に比較すると、処理速度やセキュリティなどが大きく改善されると期待されています。

ちなみに、二つのブロックチェーンの目的が異なっていることから、Symbolがローンチされた後も、NEMの開発は継続して行われます。つまり暗号資産としてXYMとXEMの二つが存在するということになります。

ローンチ前までご説明いたします。2020年9月、NEMグループは、XEM保有者がSymbolを受け取る際に必要な「オプトイン」を開始しました。そもそも、オプトインとは、XEM保有者が新しい暗号資産であるXYMを受け取る「意思表明」を示す付与方式のことを指します。つまり手続きを開始したことを意味します。

次回は新しい暗号資産のXYMについてご説明していきたいと思います。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

定期メンテナンスのお知らせ


2021年1月5日(火)、下記メンテナンスは正常に完了いたしました。ご協力いただきありがとうございました。

日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

2020年12月30日(水)14時より、ETHおよびERC20に係る定期メンテナンスを実施致します。それに伴い実施中は一部サービスが停止いたします。以下の通りご案内申し上げます。

■システムメンテナンス期間
2020年12月30日(水)14時~2021年1月5日(火)ネットワークの安定稼働が確認でき次第
※事情により延長、早期終了する場合もございます。

■システムメンテナンス中に停止するサービス
ETH、FSCC、CICC、NCXC、CMS:ETHの入出金
※入出金は停止いたしますが、売買は継続いたします。

以上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

ビットコイン(BTC)価格がZaifの過去最高値を更新しました


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

2020年12月26日(土)8時6分頃(日本時間)、Zaif ExchangeのBTC/JPY価格が2,552,110円をつけました!Zaif ExchangeでのBTC/JPYの過去最高値は、2017年12月8日につけました2,549,990円となります。本日、約3年ぶりに更新いたしました!

現在価格は以下でご確認いただけます。

BTC/JPY
https://zaif.jp/trade_btc_jpy

現在、新規申込のお客様が増えているほか、既存のお客様からのお問合せ増加に伴い、お客様へのご対応にお時間を少々頂戴しております。久々にご利用されるお客様もスムーズにご利用していただけるように、以下の記事をぜひともお読み下さい!

暗号資産の高騰を受け、久しぶりにZaif Exchangeをご利用されるお客様
https://corp.zaif.jp/info/12263/

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

XRP及びリップル社の報道について


日頃よりZaif Exchangeをご利用いただきありがとうございます。

米証券取引委員会(SEC)が暗号資産「XRP」の運営会社であるリップル社(Ripple Labs Inc.)と同社幹部を2020年12月23日付で提訴したとの発表があり、それに関連し、日本の一部の暗号資産交換業者がXRPを市場価格より安く仕入れるインセンティブを受け取っているという旨の報道がなされていますが、当社には一切関係がなく、サービス開始以来一度もXRPを取り扱ったことはございません。

今後ともZaif Exchangeをどうぞよろしくお願いいたします。

ビットコイン・仮想通貨取引所『Zaif Exchange』

Zaifメルマガ
『Zaifメールマガジン』を是非ご購読ください。ビットコインの最新事情、インタビューから、Zaifのお知らせ、使い方まで、様々な情報をお送りします。お気軽にご登録下さい!お待ちしております。